フコイダンの純度を示す数値|トンガ産モズクの低分子フコイダン効果

  • 2011/01/06(木) 09:19:36

フコイダンにとって、大切な条件が、
1.純度
2.製法
であるということは、前回の記事でお話しました。

フコイダンに大切な条件

そして、1.の純度については、硫酸基という物質が
どのくらい結合しているかがポイントである
ということも前回話しましたね。

では、具体的に硫酸基がどのくらい結合していると良いのか?

あなたが知りたいのがここではないでしょうか?

これについてはこれまでの研究では
「13%以上必要」であることが分かってきました。


科学的にいうと「フコイダン」は「硫酸化多糖体」の一種です。

「硫酸化多糖体」というのは「糖」がいくつも結合
しあって合体したものに、さらに硫酸基という成分が
結合したものをいいます。

フコイダンにとって、「硫酸基」がとても
大切な成分であるということがわかりますね。

しかしですね、この「硫酸基」の弱点はというと、
とてもデリケートな結合をしているということです。

例えば原料の海藻を乾燥させるだけでも、その結合が
バラバラと外れてしまうくらいデリケートなんです。

そのため、フコイダンを抽出するときに重要なことは
この硫酸基をどのようにして外さないで抽出できるか
ということが大切になってきます。

純度の高いフコイダンはこちら





フコイダンの純度の判断|トンガ産モズクの低分子フコイダン効果

  • 2011/01/05(水) 09:18:55

ここではフコイダンの純度の判断について説明します。

フコイダンの純度はいったいどうやって判断するのでしょうか?

それは、フコイダンに含まれている「硫酸基(りゅうさんき)」
という物質の結合量から判断します。

「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。

りゅうさん?

こう聞くとちょっと怖い印象を持つ方がいるかもしれません。

しかしこの「硫酸基」ですが、単体では全く無害な成分なのです。

それどころか「硫酸基」は胃の粘膜を覆っている成分で、
「硫酸基」自体は私たちの胃の中には元々備わっているんです。

近年この「硫酸基」がフコイダンにとって、とても大切な
役割をはたすことが最新の研究で明らかになっています。

ところが、この「硫酸基の結合量」についての条件が
満たされていないとしても、「フコイダン」であることに変わりはありません。

ということは「硫酸基の結合量」の条件が満たされていないフコイダンが
どんなにいっぱい入っていても「有用なフコイダン」とは呼べないというわけです。

フコイダンの純度を判断したいならこちら





フコイダンの「純度」|トンガ産モズクの低分子フコイダン効果

  • 2011/01/04(火) 07:18:14

モズクの多くはフコイダン製品の原料として採用されています。

フコイダンはワカメやコンブ、メカブなどいいろいろな海藻に含まれています。

そのなかでも「モズク」がいい純度を保つためにフコイダンが利用されています。

ここで注目しなければならないことは「フコイダンの純度」
というのは、ただ単純に商品に表示されている
「フコイダンの含有量●mg」というものではないです。

ここでフコイダンを構成する糖を紹介します。

・ フコース
・ キシロース
・ ガラクトース
・ ウロン酸

これらの種類でフコイダンが構成されていますが
原料となる海藻によって化学組成がすこしずつ異なります。

元々は、「フコース」だけでできているものを「フコイダン」と呼んでいます。

ほかの糖も含んでいるものを、「フコイダン様 多糖体」と呼んでいます。

現在はそれらを全部含めた総称を「フコイダン」と呼んでいます。

そのなかのどのようなフコイダンを指して、「フコイダン含有量●mg」
と言っているのかは各メーカーによって捉えかたが違います。

なので単純に「 フコイダン含有量●mg」という表示だけでは
純度の高い・低いは判断できないのです。

高い純度のフコイダンを選ぶならこちら





フコイダンを選ぶ方法|トンガ産モズクの低分子フコイダン効果

  • 2011/01/03(月) 06:17:16

フコイダンへの関心が高まってくると多くの
フコイダン製品が流通するようになってきました。

実際に、最近の問い合わせで多い内容は

・どんなフコイダンを選べばいいのか?
・どんな違いがあるのか?
・他の店ではこう言われたけどどうなのか?

といった内容のご相談が多いといいます。

その中でフコイダンの選び方には
実は2種類の考え方があります。

1.「良いフコイダンの条件とは何か?」
2.「フコイダンのメリットが愛用者を満足させられるか?」

ということをしっかり整理しながら話を聞かないと
情報に振りまわされてしまうことになります。

2.の「フコイダンのメリットが愛用者を満足させられるか?」
とは、たとえば「持ち運びに便利な方がいい」とか
「匂いが全然しないのがいい」とかということです。

フコイダンを飲まれる方には仕事をしながらの方もいるでしょう。

ご自宅で休んでいらっしゃる方もいるでしょう。

また「現在入院している家族に飲ませてあげたい」という方もいるでしょう。

だからこの条件については、ご自身のライフスタイルに
合わせて選択したほうが良いでしょう。

1.「良いフコイダンの条件とは何か?」については
また後でお話しします。

満足するフコイダンの選び方はこちら





フコイダン製品の違い|トンガ産モズクの低分子フコイダン効果

  • 2011/01/02(日) 04:15:34

フコイダンこの10年で広く注目をあつめるようになりました。

10年間でフコイダンの研究はどんどん進んでいき
多くのフコイダン製品が開発されてきました。

フコイダン製品はすべて同じものから
同じようにつくられているわけではありません。

それではどのような違いがあるのか?

次にあげてみました

・海藻の種類
・海藻の産地
・フコイダン製品の形状
・フコイダン製品の製法
・フコイダンの抽出技術
・フコイダンにくっついている硫酸基の量
・製品になったときの、フコイダンの純度

このようなフコイダン製品の違いがあります。

フコイダン製品の違いを知るならこちら





フコイダンとは|トンガ産モズクの低分子フコイダン効果

  • 2011/01/01(土) 20:50:42

フコイダンとは、モズクやコンブ、ワカメ、メカブなどの
海藻の表面を「ヌルヌル」していもので覆われていますが
その中に含まれている天然の成分のことを言います。

「フコイダン」が正式名称ですが、「フコダイン」と呼ばれていることも多いです。

この 「ヌルヌル」 成分は、早い潮の流れや砂によって
海藻が傷つくことがあるのでその傷口を覆うことで、
細菌が入り込むのを防ぐ働きがあります。

また、海草が引き潮の時に海面より上に出たときに
乾燥を防ぐという働きもあります。

これまでにも 「アルギン酸」や 「ラミニン」などが
「ヌルヌル」成分の中で注目されてきましたが、
「フコイダン」がこれらの成分以外に多く
含まれることがわかりました。

2002年4月以降テレビの健康番組 ・雑誌などで紹介され
注目を浴びた結果多くの方の目に触れることとなりました。

このように「フコダイン」の歴史は意外にも古く、
1913年には スウェーデンの学者、H・Z・キリン博士
によってすでに発見されていましたが、フコイダンの
分子の構造がたいへん複雑なために当時の技術では
抽出や分析がむずかしかったらしいです。

今や 各方面からたいへんな関心を集めている
フコイダンですが、つい最近まで100年近くもの
長いあいだ、研究材料になることがありませんでした。

その背景には【硫酸基】というフコイダン特有の成分を
取りだして分析することが大変難しかったことがあげられます。



リンク集

  • 2011/01/01(土) 08:55:58

ジェネリック医薬品通販と知識

岩手県一関市の庭造り・エクステリア・剪定

岩手県一関市の庭木の剪定・庭の管理


静岡のご当地b級グルメ「富士宮焼きそば」を通販でお取り寄せ
ためしてガッテンで話題!静岡の深蒸し掛川茶
たっぷりコラーゲン「すっぽん小町」の口コミ
無料体験レッスン「bわたしの英会話」
トンガ産モズクの低分子フコイダン効果
花粉症対策グッズ「ポレノン(pollenon)」通販
足先の冷え解消!冷え性対策グッズ「指先ほっと」
初心者でも検索エンジン簡単上位表示「ゼロスタアフィリエイト」レビュー
不動産収益を上げるプロ直伝の「不動産投資の学校」
加齢臭・体の臭い対策「渋の泡石けん」
浜弥鰹節だしパック「しゅんでる」通販
激安!超音波emsダイエットマシン「ボニック」の効果